ハムシー

1010.jpg

分類 ベンケイソウ科 エケベリア属
学名 Echeveria harmsii
原産 中米
別名 ハムルシー、オリベランサス、花司

葉の表面に短い毛が沢山生えている。
夏場には、葉の縁が赤茶色になる。
は行
posted by ガンさん at 13:46


ボーカルニア ノリナ

は行

分類 キジカクシ科 トックリラン属
学名 Beaucarnea recurvata
別名 トックリラン

幹の根本が太く徳利の形に似ているのでトックリランとも呼ばれるが、ラン科ではなくリュウゼツランに近い種類。
また、トックリヤシにも似ているが葉は馬の尻尾の様に細長く、 英名では「ポニーテールパーム」と呼ばれており、パームと付いているがヤシの仲間でもない。
posted by ガンさん at 11:30


ブロメリア エクメア ファスキアータ

は行

分類 イネ目 パイナップル科 シマサンゴアナナス属
学名 Aechmea fasciata (Lindl.) Baker
別名 シマサンゴアナナス

ブラジル原産のパイナップル科の観葉植物。
葉は硬くて斑入りのものもある。
夏に大輪の花が咲きました。
2286.jpg
実は、全体が花ではなく、先端が尖ったピンク色の部分は葉が変形した苞 (ほう) と呼ばれるもので、苞の間にある小さな紫色の部分が蕾 (つぼみ) である。
花は3〜4日でしぼむけど、苞は約3ヵ..
posted by ガンさん at 12:42


プラティケリウム ステマリア

は行

分類 シダ植物門 ウラボシ目 ウラボシ科 ビカクシダ属
学名 Platyceriumstemaria

アフリカに生育するのシダ植物。
葉の先が二股に分かれる。
板や流木などに着生させ、吊るしてハンギングプランツとして楽しむ。
ビカクシダ (麋角羊歯) の仲間は、垂れ下がった葉が蝙蝠に似ているのでコウモリランとも呼ばれているけど蘭とは無関係で、シダ植物なので当然花は咲かない。
posted by ガンさん at 22:02


火祭り

は行

分類 ベンケイソウ科 クラッスラ属
流通名 ヒマツリ (火祭り)
学名 Crassula capitella ssp.
原産地 南アフリカ

寒くなると紅葉する。
よく似ている紅葉祭りは、火祭りと赤鬼城の交配種。
posted by ガンさん at 16:04


ベニチョウチン (紅提灯)

は行

分類 ベンケイソウ科 カランコエ属
流通名 ベニチョウチン (紅提灯)
原産地 アフリカ

多肉質の葉が丸くてそのフチは赤褐色。
春先に提灯の様な赤い花が下向きに咲く。
posted by ガンさん at 16:59


ポーチュラカ

は行

スベリヒユ科 スベリヒユ属(ポーチュラカ属) ポーチュラカ
和名 ハナスベリヒユ (花滑莧)
学名 Portulaca oleracea

暑さや乾燥には強いが寒さには弱く霜が降る頃には枯れる一年草。
マツバボタンと同属。
posted by ガンさん at 19:42


ヒメマツバボタン (姫松葉牡丹)

は行

分類 ナデシコ目 スベリヒユ科 スベリヒユ属
和名 ヒメマツバボタン
学名 Portulaca pilosa
原産 熱帯アメリカ
別名 ケツメクサ (毛爪草)

観賞用のマツバボタンよりも小さな紅紫色の花を咲かせる一年草。
IMG_0593.JPG
これは、植えているのではなく毎年勝手に生えて来る雑草ですが ^^;
posted by ガンさん at 09:00


ヒメミズワラビ (姫水蕨)

は行

イノモトソウ科 ミズワラビ属 ヒメミズワラビ
学名 Ceratopteris gaudichaudii var. vulgaris

湿地や水田の水路などによく生えているシダ植物。
posted by ガンさん at 09:00


ヒメレンゲゴケ (姫蓮華苔)

は行

分類 チャシブゴケ目 ハナゴケ科 ハナゴケ属
和名 ヒメレンゲゴケ
学名 Cladonia ramulosa

我が家の松の木の樹皮に緑青色した苔の様なものがたくさん付いていました。
先端が少し広がっているのもありますがジョウゴゴケほどと広がってないのでヒメレンゲゴケでしょうか?

何れにせよ、コケの名が付いているがコケ類ではなくて地衣類の様です。
posted by ガンさん at 19:01


ハネヒツジゴケ (羽根羊苔)

は行

分類 アオギヌゴケ科 アオギヌゴケ属
和名 ハネヒツジゴケ
学名 Brachythecium plumosum

一般によく見かける苔で苔玉などに利用される。
posted by ガンさん at 09:00


フェレイラエ

は行

コショウ科 ペペロミア属 フェレイラエ
学名 Peperomia ferreyrae

葉が豆のサヤの様な形状をしており別名「ハッピーピーン」とも呼ばれる。
posted by ガンさん at 09:00


ホヤカーリー

は行

ガガイモ科 ホヤ属 ホヤカーリー
学名 Hoya kerrii Craib.
和名 シャムサクララン (暹羅桜欄)
流通名 ハートホヤ、スウィートハート、ナチュラルハート、ラブラブハートなど
原産地 タイ、ラオス

可愛いハート型をした多肉質の葉が特徴。斑入り葉もある。
耐寒温度は5℃以上とされる。
posted by ガンさん at 08:05


冬もみじ

は行

分類 ベンケイソウ科 カランコエ属
流通名 冬もみじ
学名 Kalanchoe grandiflora 'FUYUMOMIJI'
原産地 アフリカ

晩秋から冬にかけて紅葉する多肉植物。
耐寒温度は3℃以上とされる。
posted by ガンさん at 09:00


ハオルチア 玉宝

は行

ハオルチア属にはいろんな種類があるけど、おそらく玉宝 (ぎょくほう) だと思います。
posted by ガンさん at 09:00


ホシダ (穂羊歯)

は行

ヒメシダ科 ヒメシダ属  ホシダ
学名 Thelypteris acuminata

葉の先端が穂状に長く伸びているのが特徴。
羽片の先は尖っている。

葉の裏側


新芽
posted by ガンさん at 20:29


ハカタシダ (博多羊歯)

は行

オシダ科 カナワラビ属 ハカタシダ
学名 Arachniodes simplicior

葉に斑の入るものもあり、その模様が博多織の文様に似ることからハカタシダの名が付いた様である。

裏側
posted by ガンさん at 18:07


ハイゴケ (這苔)

は行

ハイゴケ科 ハイゴケ属 ハイゴケ
学名 Hypnum plumaeforme wils.

地面や岩などにへばり付いて横に這うように群生する。
posted by ガンさん at 18:07


ヒメジャゴケ (姫蛇苔)

は行

苔類 ゼニゴケ目 ジャゴケ科 ジャゴケ属 ヒメジャゴケ
学名 Conocephalum japonicum (Thunb.) Grolle

日当たりが悪く湿気た地面にへばり付いて生える。
同属のジャゴケに似るが小型で薄くて光沢が無い。
posted by ガンさん at 09:00