ミセバヤ

ま行

分類 ベンケイソウ科 ムラサキベンケイソウ属
和名 ミセバヤ
学名 Hylotelephium sieboldii
別名 玉緒 (たまのを)

三枚輪生の肉厚の丸い葉が特徴。
秋に淡い紅色の小花を密生させて咲かす。
葉の縁が赤紫だったりギザギサの種類もある。
IMG_2298.jpg

posted by ガンさん at 20:50


モリムラマンネングサ

ま行

分類 ベンケイソウ科 セダム属 (マンネングサ属)
和名 モリムラマンネングサ (森村万年草)
学名 Sedum japonicum f. morimura

日本各地で生育し野生化している帰化植物。メノマンネングサ (学名 Sedum japonicum) の変種とされる。
森村万年草
春の終わりから初夏にかけて黄色い花が咲く。
posted by ガンさん at 18:50


マルバマンネングサ (丸葉万年草)

ま行

分類 ユキノシタ目 ベンケイソウ科 マンネングサ属 (セダム属)
和名 マルバマンネングサ
学名 Sedum makinoi

寒さに強く葉が赤みを帯びて越冬する多年草。葉の先は丸い。
5月〜7月頃に黄色の小花が咲く。
posted by ガンさん at 09:00


マツバボタン (松葉牡丹)

ま行

分類 ナデシコ目 スベリヒユ科 スベリヒユ属
和名 マツバボタン
学名 Portulaca grandiflora

南アメリカ原産の一年草。
6〜9月頃に花を咲かせる。色は赤、黄、白、オレンジ、ピンクなどの種類がある。、
葉は多肉質で松葉の様に細長くマツバギクにも似ているが、マツバギクはハマミズナ科で、マツバボタンはスベリヒユ科なので別種である。
葉の形は異なるが花の形が似ているポーチュラカと同属。
posted by ガンさん at 09:00


マツバギク (松葉菊)

ま行

分類 ナデシコ目 ハマミズナ科 マツバギク属
和名 マツバギク (松葉菊)
学名 Lampranthus spectabilis

葉は多肉の多年草。
春から夏にかけてキクに似た花を咲かせる。

花弁は日の光が当たると開き、夜になると閉じる。
posted by ガンさん at 17:01


マメヅタ (豆蔦)

ま行

ウラボシ科 マメヅタ属 マメヅタ
学名 Lemmaphyllum microphyllum

樹木や岩場に茎を這わせて着生し、丸くて肉厚の栄養葉と細長い胞子葉がある。
posted by ガンさん at 19:26


美空の鉾

ま行

キク科 セネシオ属
流通名 美空鉾 (みそらのほこ)
学名 senecio antandroi
原産地 マダガスカル

挿し木で増やすことが出来る。
耐寒温度-2℃
posted by ガンさん at 08:19


エケベリア メラコ

ま行

ベンケイソウ科 エケベリア属 メラコ
学名 Echeveria 'Melaco'

耐寒温度は-1℃とされる。
お盆明けに開花していました。
IMG_0720.jpg
posted by ガンさん at 06:29


ミツデウラボシ (三手裏星)

ま行

シダ植物門 ウラボシ科 ミツデウラボシ属 ミツデウラボシ
学名 Crypsinus hastatus

乾いた崖や石垣によく生えており葉柄が長い。
葉は、単葉から二裂葉、三裂葉のものもある。
IMG_001.jpg
裏側
posted by ガンさん at 19:56